人工無能「KAGURA」のお悩み相談|おみくじとお祓いはいかが?
人工無脳(人工無能)は、英語圏ではチャットボットとも呼ばれるおしゃべりプログラムです。

人工無脳 KAGURAの「おみくじ」占いと人生相談

人工無脳の巫女少女 KAGURA があなたの悩みを解消してくれます。今なら「大吉」おみくじ大放出中!
熨斗と水引


「おみくじ」であなたの運勢占いま~す☆「ご祈祷」も随時受付中!

    

発言は、文字を入力後に[話す]ボタンを押してください。
会話の削除は、[消す]ボタンを押してください。

人工無脳”は人間らしさを演出するプログラムとしてIT業界のみならず各方面で注目されています。
人工無脳「KAGURA」も「賢さとは何か?」という古くて新しい問題をテーマに、ゆっくりとまったりと進化中です。

おみくじ」や「じゃんけん」のほかに「今何時?」「今日は何日?」「何曜日?」「15÷5はいくつ?」など、現在の日時や曜日、計算なども聞いてみてくださいね。

人工無脳KAGURA
books  【恋するプログラム-Rubyでつくる人工無脳】 - Google Books 斜め読み
  • 人工無脳に言葉を学習させる方法
  • マルコフ連鎖を使った作文の方法
  • 人工無脳に応答させる方法
  • 人工無脳に感情を持たせる方法
  • オンラインで学習させる方法
人工無脳の本質がこの一冊でまるわかり。
本書は人工無脳のプログラミングを通じてそのテクニックを披露するという構成になっています。
人工無脳を題材にした「Rubyの教科書」ともいえる丁寧な解説で初心者から中級者まで納得させる一冊です。
恋するプログラム―Rubyでつくる人工無脳

人工無能とは

人工無能(人工無脳)は主にチャットなどを通して会話のキーワードに反応し、内部データベースとのマッチングによって適当な対応を返すプログラムの総称です。
人工無能はチャットボットまたは会話ボットとも呼ばれ、インターネット黎明期のパソコン通信時代には「人工無能くるみちゃん」に代表されるように挨拶などを返す単なるおしゃべりプログラムでした。
最近では、ソニー・コンピュータエンタテインメントのキャラクター「トロ」のように人間のエージェント(代理人)として人間の代わりに必要な情報を探したり提供したりする人工無能も現れています。
人工無脳「KAGURA」の基本辞書は、1996年に公開されたチャットボット「ゆいぼっと」の基本辞書をベースとしています。
ユーザーと「KAGURA」との会話はすべてログに記録され、管理者はそのログの中から質問や提案などの注目すべき情報だけを抽出してサイトの運営に役立てるという仕組みになっています。
また、必要があれば返答を「KAGURA」のデータベースに登録してユーザの質問に答えます。

人工無脳「KAGURA」のこれから
人工無脳「KAGURA」の今後の課題は、会話文のバリエーションを増やすことです。
現在の「KAGURA」は基本的に一つのキーワード対し、一つの返答しか対応していません。(「おみくじ」や「じゃんけん」など、一部ランダム返答するものもあります。)将来的には、MeCabなどの形態素解析エンジンとマルコフ連鎖で、一つのキーワード対し、複数の候補の中から返答ができるようにしたいと思っています。現在、自作スクリプト検証サイト Script-Boy で実験中です。