人工無能は人工知能から派生したシンプルな会話プログラムでチャットボットとも呼ばれます。そのシンプルさゆえに奥が深く多方面での開発が進んでいます。

姓名判断 - 名前の画数から手軽に運勢が占える姓名判断

- 開運!花丸神社 -

花丸神社へようこそ

開運!花丸神社

心が風邪をひいていませんか?
蜂と神様

恋愛運UP!開運あみだくじ
番号をクリックで開始します。



【恋愛運】
 普通=♥1 好調=♥2 絶好調=♥3
 ラッキーデー=♡♡



かわいいのしあります。
はなまる日本史
はなまるまとめのおと
はなまるペーパークラフト
はなまる自由研究・工作



名前の字画数から吉凶を占う姓名判断です。
名前を入力し「判定」を押すと結果が表示されます。
「姓」と「名」を全角文字で入力してください。
「会話」ボタンで会話ページへ変遷します。

姓   名 

  

   


人工無能KAGURA

姓名判断とは

人の姓名を構成する文字の画数から「五運」即ち「天運」「人運」「地運」「外運」「総運」という五つの運を分析し、その人の運命や吉凶を占うことを姓名判断と言います。この「五運」の画数の計算方法と、意味は次の通りです。
天運:苗字部分の画数。
先祖から受け継ぐ運勢。
人運:姓の下1文字と名の上1文字の画数。
性格や才能等、社会的側面の運勢。
地運:名前部分の画数。
性格や家庭環境等、生活的側面の運勢。
外運:姓の上1文字と名の下1文字の画数。
周りからその人へもたらされる運勢。
総運:姓名全部の画数。
その人の一生を総体的に表す運勢。
「漢字画数の選択」「霊数利用の選択」について
一般には最初に表示されたときのまま「旧漢字画数検索」・「霊数あり」でご利用ください。この設定で正当な判定が出来ます。
 一方、姓名判断は流派によって様々な計算方法があり、その多くのパターンを試せるよう、オプションパラメータの選択を出来るようにしています。利用される方は以降の説明をお読みください。また、姓名判断についての詳しい詳細説明は、関連サイトを検索して、そちらをご参照下さい。

漢字画数の選択
日常使っている漢字の画数で検索するときは「常用漢字画数検索」、旧来の漢字画数で検索するときは「旧漢字画数検索」を選択します。

霊数の選択
流派によって、姓または名が2文字以上である事を前提とするものがあり、姓または名が1文字の場合は、「霊数(1画)」を補って2文字にして計算する考え方があります。
 この霊数の加算を行わないときは「霊数なし」、外画(外運)計算だけ霊数を加算するときは「外画のみ」、天画・地画・外画計算に霊数を加算するときは「霊数あり」を選択します。

星占いで見る12星座の性格と「恋愛相性占い

牡羊座の性格   牡牛座の性格   双子座の性格   蟹座の性格
獅子座の性格   乙女座の性格   天秤座の性格   蠍座の性格
射手座の性格   山羊座の性格   水瓶座の性格   魚座の性格

小さきものたちの中に広がる限りなき命を描いた金子みすゞの 『蜂と神さま』

蜂と神様 蜂は お花のなかに
お花は お庭のなかに
お庭は 土塀のなかに
土塀は 町のなかに
町は 日本のなかに
日本は 世界のなかに
世界は 神様のなかに

そうして そうして 神様は
小ちゃな 蜂のなかに

この「蜂と神様」には、第264代ローマ教皇の故ヨハネ・パウロ2世に面会した日本の宇宙物理学者の佐治晴夫氏がこの詩をお話ししたところ、法王がたいへん感動して涙を流されたというエピソードがあります。

テントウムシは幸運を呼ぶ神の使い

ナナホシテントウムシは幼虫、成虫共にアブラムシを食べる益虫として知られていますが、聖母マリアとつながりの深い虫でもあります。
この虫の7つの斑点は、聖母マリアの7つの悲しみを表し、また彼女が赤いマントを着ていたことから「Lady Bird」「Lady Bug」「Lady Beetle」と呼ばれるようになりました。
このLadyとは、聖母マリアの意味です。このナナホシテントウムシを、米国では縁起の良いラッキーな虫として、指輪やブローチのデザインによく使います。
キリスト教圏の人たちは、テントウムシが天に向かって飛んでいく姿を見て、神様の使いとして捉えるようになったのでしょう。
また、日本ではテントウムシを漢字で「天道虫」と書きます。
天道(てんとう)とは日本における太陽神ことですから、日本人も古くからテントウムシを神様に近い崇高な存在だと思っていたのではないでしょうか。

人工無能とは

人工無能(人工無脳)は主にチャットなどを通して会話のキーワードに反応し、内部データベースとのマッチングによって適当な対応を返すプログラムの総称です。
人工無能はチャットボットまたは会話ボットとも呼ばれ、インターネット黎明期のパソコン通信時代には「人工無能くるみちゃん」に代表されるように挨拶などを返す単なるおしゃべりプログラムでした。
最近では、ソニー・コンピュータエンタテインメントのキャラクター「トロ」やiPhoneの音声アシスタント機能「Siri」のように人間のエージェント(代理人)として人間の代わりに必要な情報を探したり提供したりする人工無能も現れています。
人工無能「KAGURA」の基本辞書は、1996年に公開されたチャットボット「ゆいぼっと」の基本辞書をベースとしています。
ユーザーと「KAGURA」との会話はすべてログに記録され、管理者はそのログの中から質問や提案などの注目すべき情報だけを抽出してサイトの運営に役立てるという仕組みになっています。
また、必要があれば返答を「KAGURA」のデータベースに登録してユーザの質問に答えます。

人工知能(AI)との違いは

よく比較される人工知能との違いについては、人工知能が人間の脳を人工的に再現することを目的としているのに対し、人工無能はとりあえず人間らしく振舞うことを目的として作られたプログラムであるという点で大きく異なっています。
なお、最近話題のディープラーニング(深層学習)は人工知能に関わる技術で、囲碁の最強人工知能 AlphaGo にもこの技術が使われ、人間を凌駕するパフォーマンスを発揮しています。

「KAGURA」のこれから

人工無能「KAGURA」の今後の課題は、会話文のバリエーションを増やすことです。
現在の「KAGURA」は基本的に一つのキーワード対し、一つの返答しか対応していません。(「おみくじ」や「じゃんけん」など、一部ランダム返答するものもあります。)将来的には、MeCabなどの形態素解析エンジンとマルコフ連鎖で、一つのキーワード対し、複数の候補の中から返答ができるようにしたいと思っています。現在、自作スクリプト検証サイト Script-Boy で実験中です。